骨盤矯正パンツをON!【温活】を取り入れて健康的な美ボディになる

美容業界で開業後も順調に進んでいくために

効率的にぬくめる

見えない遠赤外線でぽかぽか

遠赤外線とは、太陽の光の一部で目に見えない波長、電磁波の一つです。この遠赤外線は人の体にとってなくてはならないものであり、安全で有益なものです。太陽の光でぽかぽかに感じられるのは、この遠赤外線によるものです。 一昔前までは、土の道路が多く、その中に遠赤外線が吸収されていましたが、現在のようなアスファルトで舗装された道路では跳ね返されてしまうので、遠赤外線を浴びる機会が減ってきています。それにより、体をあたためることができず、基礎体温の低下や低体温症を引き起こしている可能性が指摘されています。 体が冷えると筋肉や関節も冷えるので、それにより腰痛や肩こりが増えてきています。その治療に使われるのが遠赤外線温熱治療機です。機械を作る技術が高くなったことにより、価格が下がり、一般の方でも20000〜50000円ぐらいで購入できるようになっています。

遠赤外線というのは

遠赤外線というのは、名前の通り、赤の光よりも周波数が低く、そして電波よりは長いものを指します。 微量ですが、体内からも発生されているものであり、木炭とかからよく出ています。発見されたのは歴史的には極最近なのですが、これが肩こりに効く、ということは良く知られていたのです。 ですから、木炭などを布団に入れて寝ると肩なりの凝りに効果がある、とされていたのは正しかったわけです。 遠赤外線は熱も発するので、ヒーターなどにも使われることになります。調理法としても使われています。しかし、やはり遠赤外線で一番の効果は血行をよくすることです。遠赤外線で肩こりを治す人は多く、そのための様々な機械が販売されているくらいです。

Copyright (c) 2015 骨盤矯正パンツをON!【温活】を取り入れて健康的な美ボディになる all reserved.